ダイクレグループ

株式会社広機器製作所

 Ver.1,21 2017. 2.20   http://www.hirokiki.co.jp/  

ホーム フィードバック

リーバス製品
[ アコーディオンアーチ ] [ リーバス製品 ] [ 工 機 ]

 

 

経歴
組織
特徴
機能
条件
種類
コンペンセーター
シフター
プレッシャーローラー
使用例
実績表
巻取設備
計画資料
資料請求
リーバスカタログ
リンク

THE LEBUS SPOOLING SYSTEM

 

  

 3500T吊フローティングクレーン「第50吉田号」主巻ウインチ

 

 リーバス式導溝システムとは、ワイヤーロープを多層に

巻取るウインチに装備し、ドラム上でロープを最適位置に

安定させ、荷重・速度・ロープ・ドラムの大きさに関わり

なく、整列された状態での多層巻取りを可能にする特殊導

溝システムです。

 

 通常のドラムで一層だけの巻取りを行う場合、乱巻き等

の問題はほとんど発生しませんが、二層巻き以上になった

途端巻崩れが始まります。それは層を重ねるごとに悪化し

最後の層まで修正されることはありません。

 そして、ロープのくい込みやタタキ等の現象を誘発し、

ストランドを損め、破断という最悪の事態を招くことにな

ります。
 完壁な多層巻取りを完成させるためには、溝無しドラム

やスパイラル溝ドラムのような360゜を通しての横移動

となる要素を取除くことが必要であり、それができるのが

リーバス式導溝システムなのです。
 リーバス式導溝システムでは、ロープの横移動部を少な

い範囲に規制して、残されたほとんどの部分ではロープを

フランシ内側面に平行に巻取って行きます。この状態が最

終の層まで維持され、安定した整列巻取りとなるのです。

 

最終更新日 : 2015/07/15